第52回 FDC

R.4/8/6に第52回FDC例会をハイブリッド形式にて開催しました。会場は千葉駅から近いTKP千葉駅東口ビジネスセンターを今回は使用しました。今回の症例は、「上顎前歯の保全に努めた前後的すれ違い傾向症例」と「引継ぎ患者の治療計画に苦慮した症例」でした。最も難しい治療であるすれ違い咬合に変化していく患者の治療と経過と共に起きるトラブルへの対応に関する発表は、歯を健全に保つことの重要性を改めて認識させられる内容でした。また、もう一つの症例では、前医からの引継ぎ時の治療計画の提示の難しさを若手の先生が発表しました。コロナ禍の長期化の影響で歯科医院の受診を控えている方がおり、お口の中の状態の悪化が懸念されます。

 

前の記事

第51回 FDC