義歯部分義歯(部分入れ歯)は違和感の少ない金属床義歯や精度の高いドイツで考案されたコーヌス(二重冠)義歯ノンメタルクラスプ義歯などの保険外義歯があります。

また、総義歯(総入れ歯)は違和感の少ない金属床義歯や顎に負担の少ないS-Aブレードティース(金属歯)を使用した保険外義歯があります。

当院ではニュートラルゾーン(元々あった歯や歯ぐきの形)を考慮した義歯を作製しています。また、歯ぐきが弱く痛みが出やすい方には軟性のシリコンを使用した義歯もあります。

義歯もきちんと作製して、定期的にチェックをしていればかなり長く使用することができます。

また、摂食・嚥下(食べる・飲み込む)を考えた義歯も作製しています。入れ歯を新しくしても使いこなす機能が低下していると、例え高価な入れ歯を作ったとしても使えません。

(現在も東京歯科大学摂食・嚥下リハ講座にて研修を続けています)

コーヌスデンチャー(義歯)

ドイツで考案されたしっかりした義歯です。

コーヌスデンチャー(義歯)

AIデンチャー(アルティメット樹脂義歯)

弾性のある義歯で違和感が少なく、金属のバネを使用しないため

金属が見えません。また、耐久性にも優れています。